バイク(伊豆長岡往復)

130629 伊豆長岡ライド・スタート前

この週末は伊豆長岡への旅行でした。せっかくなので自転車で行くことに。荷物を背負ってのロングライドは久しぶりです。復路用のジャージとか、普段着とか。。。iPad miniとか(笑)。なんだかんだで重たくなってしまいました。まずは町田街道から246号〜467号〜大和〜海老名〜小田原厚木道路側道〜平塚〜134号〜1号〜熱海というルート。ここまでで88kmくらい。

130629 熱海

この後、伊豆半島を横断する峠があるというのに、結構脚を使ってしまいました。熱海の手前の坂、ふつーにキツかったし(笑)。なんとなく気が重たくなりましたが、行くしかないので再スタート。下多賀付近を右折して、山伏峠へのヒルクライムです。この峠、標高は500mしかないんですが、スタートが海沿いで標高がほぼゼロな上に、500mを5kmで上っちゃうんですよね。そう、平均勾配が10%。緩斜面も時々あるので、キツいところは相当な激坂でした。ほんとつらかったですが、素晴らしい景色に感動! 海上に浮かぶ初島がよく見えました。

130629 山伏峠(伊豆)

峠を越えたら待ちに待ったダウンヒル。1度、ちょっとキツめの上り返しがありますが、だいたい快調に飛ばして伊豆長岡のホテルに到着。往路の走行距離は115km、アベレージスピードは29.0km/hでした。

例によって相当な深夜まで散々飲んで歌ってたので、朝は頭が痛ーい(笑)。これで自転車に乗れるのか?って感じ。でも、来た以上は帰らなきゃしょうがないので、しっかりと朝食をとって復路スタート。。。食べ過ぎて最初はすごくつらかった(笑)。バイキングだとどうしても食い過ぎちゃうんですよね。

130630 伊豆長岡

復路も山伏峠経由ルートです。伊豆長岡を出ると、いきなり本格的な上りになります。まだ体調が回復してないこともあってつらいつらい。。。でも、往路に比べると、長い距離をかけて上る分、勾配自体は激坂というほどのレベルではなかったです。まあ、キツいことはキツいんだけどね(笑)。で、登頂した頃にはすっかりお酒が抜けました〜。

130630 山伏峠(伊豆)

その後は基本的に往路と同じルート(小田原厚木道路の側道は通らず、平塚から産業道路に出て北上しました)。ところどころで渋滞がありましたが、日曜の午後としては比較的スムーズに走れたかな。で、自宅まであと20kmほどになった相模大塚近くを走行していたら。。。いきなり「パーン、シュシュシュシュシュ!」という大きな音がなってリアタイヤがペコペコに。あまりの音にバーストしたんじゃないかと思って肝を冷やしましたが、原因は写真にあるようにドリルの刃。もろに突き刺さってました。どうしてこんなモノが落ちてるんだ? そして、どうしてこんなふうに垂直に刺さるんだ?(笑) ともあれ、修理して走行できる状態でよかったです。

130630 ドリルでパンク

復路の走行距離は113.5km。往路よりも長いと思ったら、こっちの方が短かったです。アベレージスピードは28.8km/hで、往路とほぼ同じでした。いや〜いい練習ができた週末だった! でも、ランも始めないとな〜(笑)。