バイク(富士山1周・自走)

今日はかねてより予定していた自走での富士山1周ライド。ルートは道志みちで山中湖に出て、反時計回りに富士山を1周して、246号で戻ってくるというもの。アイアンマンのバイクパートの距離を大幅に超える距離ですが、アイアンマンのレース全体の時間くらい身体を動かし続ける練習をやっておきたいので、これくらいの距離(時間)のロングは毎年あえてやっています。もちろん、ダラダラと乗っては意味がないので、終始集中力を維持して走り続けました。

まずは道志みち。GWに走って調子がよかったのですが、この日もよく身体が動いて、青山から道の駅までのタイムはGWのときを上回りました。道の駅で少し休んだ後の山伏峠は、先が長いこともありちょいセーブして、GWのときより数十秒遅れ。でも、最後まで余裕をもって走れたのでよかったです。爽快に下って山中湖に出たら、てっぺんに雲がかぶっていたものの、素晴らしい富士山の風景が広がりました。

150515 山中湖

河口湖から鳴沢に向かい、消防署のところを左折。県道71号に入ります。この道は本当に気持ちがいいです。

富士宮まで一気に下った後は、国道469号線のヒルクライム。富士サファリパーク付近までの15km近いロングヒルクライムです。勾配は基本は緩めですが、時々現れる急坂が結構堪えます。一度左に折れて「そろそろサファリパークかな〜」と思ったら、「富士サファリパーク6km」の看板が現れて気持ちが萎えました(笑)。上り切って、ちょっと下ったところにある忠ちゃん牧場の前は絶好の写真ポイント。見事な富士山が見られました。

150515 富士サファリパーク付近

そこからは御殿場に向けてのダウンヒル。序盤はづづら折れもあったりして、楽しい下りでした。

御殿場で246号に出て、一部自転車は迂回路を通らなければならないところを除いてはひたすら246号を走ります。基本は平地ですが、時々侮れない上り坂が現れます。かなり気温も上がってきてきつかったですが、脚はまだまだ余裕がありました。鶴巻温泉あたりで200kmオーバー。厚木で246号を離れ、相模大橋を渡って、海老名付近からは小田急線沿いに走りました。この道が結構車が多く、スピードもパワーもちょっとロス。最後は町田駅付近を通過して鶴川に帰還しました。

Distance: 233.0 km.
Avg Speed: 31.2 km/h.
Elevation Gain: 2973 m.
Avg Power: 205 W (NP: 235 W), Max Power: 669 W.
Avg HR: 129 bpm, Max HR: 152 bpm.

これだけの距離を走って、平均速度31kmと平均パワー205ワットは、かなり上出来です。ケアンズに向けての自信が確固たるものになってきた感じ。でも、まだまだ悪足掻きして自転車にたくさん乗ろうと思います。