Ironman Cairns 2014 – Race Day

午前3時に起床。昨夜はメラトニンを飲んだおかげか(実は普段から常用してるんですが)眠りは深かったようで、すっきりとした目覚めでした。レーススタートは通常のアイアンマンよりも1時間近く遅く午前7時55分なので、本来ならばこんなに早く起きる必要はないのですが、スイム会場までのシャトルバスの関係で、起きる時間は通常どおりです。

朝食はおにぎり3個とバナナ2本。フルーツジュースを1本。仕上げに腹痛予防のための正露丸を服用です。午前4時40分頃にホテル近くから出るシャトルバスに乗って Palm Coveに移動。外はしっかりと本降りの雨です。天気予報をみて覚悟はしていましたが、やはりかなりブルーな気持ちになりますね(笑)。エキスポで買った長袖ジャケットを着こんで行きました(長袖のものは持参していなかったので買っておいて本当によかったです)。

Palm Coveについて、雨の中でバイクに補給食のセット。トランジッションは芝生の地面なのですが、早くもかなりぬかるみ気味です。雨は全くやむ気配なし。あまりに寒いので、かなり早めにウェットスーツを着用してスイムスタートエリアに行きました。波は前日ほどではないですが、かなりうねりがある感じです。この大会は70.3も一緒に開催していて、先にウェーブでスタートしています。それを見てイメージトレーニング。そして、プロのスタートの後、午前7時55分に我々のスタートです(全員同時スタート)。いきなりバトルに巻き込まれて全然前に進めず、しかも、下に着てるトライスーツがキツいのか、腕がしびれてきました。1周目は全く体が動かず、スイムでやめようか真剣に考えましたが、ウェットスーツの中のトライウェアの位置をずらしたりして、ようやく動けるようになり、2周目はごぼう抜きでスイムアップ。でも、タイムは最悪(笑)。ちょっとやらかしました(^^;)

140608 IM Cairns_Bike03

バイクコースは、Palm Coveから Port Douglasまで北上してUターン、その後、Palm Coveの手前でさらにUターン、再度 Port Douglasを折り返して、今度は一気にケアンズに戻るコースです。途中には Rex Lookoutというピークがあるほか、意外なほどアップダウンが連続していて、休めるところは事前の予想よりもずっと少ないコースでした。しかも、雨は相変わらずしっかりと降り続いていて気温が低いし、当然ながら路面はウェットでスリッピーな状態でした。とはいえ、ペースを緩めるわけにはいかないので、落車等には気を付けながらガンガン踏んでいきました。

140608 IMCairns_Bike02

いつの間にか同じエージグループの選手3名と抜きつ抜かれつになりましたが、終わってみればこの3人がカテゴリーの上位3人と5位の選手でした(笑)。バイクの終盤になって彼らからは少し遅れてしまい、バイクフィニッシュ(5時間02分38秒、平均時速35.7km/h、平均パワー206W(NP: 222W)、最大パワー621W)。ケアンズに戻る終盤はかなり風の影響を受けて脚を使ってしまいました。正直、かなりヘトヘト。

140608 IMCairns_Run02

ケアンズ市街、宿泊しているホテルのすぐ横のT2でバイクを降り、素早くトランジッションを済ませランスタート。コースは南側の港を距離調整の折り返しを繰り返しながら4kmくらい走り、フィニッシュ横を通って、空港付近まで一度の大きな距離調整の折り返し区間をこなしてから戻ってくる約14kmを3周です。市街地が中心なので、応援があまり途切れないコースです。周回コースなので、2周目以降は周回遅れの選手でかなりコースは込み合います。

140608 IM CAIRNS_Run05

走り出しは脚も軽く、キロ4分17秒~20秒くらいで推移しました。しかし、だんだん脚が重たくなってきて、2周目に入るとエイドでは歩いて補給したりするようになりペースダウン。気持ちも折れそうになってきましたが、ランに入って同じカテゴリーの選手を数名抜いているし、同カテゴリーでランが強い田村選手はとはまだ差があるし、まだまだ頑張らないと!ということで、3周目からは気持ちを入れ替えてペースアップ。3周目の前半を終えた頃には、日本人の選手を抜いたときに「湯尻さん!」と声をかけられ、「はい!」と答えると、「尊敬しています!」とのかけ声が…そういうふうに思われてるのに恥ずかしい走りはできないよな!ということで、さらに気持ちを一新して走りました。嬉しいですね。

140608 IMCairns_Run01

3周目の北に向かう後半、距離調整の折り返し部分で田村選手との差を確認すると、詰まりながらもまだまだ差がある状況。さらに一番北の折り返しでも、差はあまり詰まってませんでした。その後ろの同カテゴリーの選手とはだいぶ差が開きました。同カテゴリーの前を行く選手は、バイクで終盤に先に行かれましたが、特にトップの選手は体もかなり大きく、ランでは追い付けるだろうと思っていたのですが、なんとランもよく走れる選手で、じりじりと離されてしまいました…まだまだ僕も弱いなぁ。

140608 IMCairns_Finish

ということで、最終盤にはカテゴリー順位は確定した感じはあったのですが、とにかく力を出し切って終わろうと思って渾身の力をこめてペースを上げていきました。そしてフィニッシュ(ランラップ3時間19分38秒)。総合タイムは9時間32分31秒(カテゴリー3位)。最近では一番よいタイムです。今回はカテゴリー優勝と自己ベスト(9時間19分)の更新を目標にしてきて、いずれも達成はできませんでしたが、今の自分の力は発揮できたと思うので、ひとまずは満足のいく結果でした。でも…1日中雨のレースは本当にキツかったです。いい経験になりました。

140608 after the race

寒さに震えながらホテルに帰りましたが、熱いシャワーをしっかり浴びて復活。ホテル近くの酒屋に行って黄金の液体6本パックを購入しました。みんな疲弊して相手をしてくれなさそうなので、部屋で1人で盛大に(?)第4種目。美味かったです!…が、知らないうちに寝落ちしてました。やっぱ消耗が激しかったみたいですね。深夜に起きだして、飲み直し~(笑)。

Comments are closed.